ビックカメラの株主優待で家電生活

家電で有名なあのビックカメラでも株主優待が受けれてしまうんです!持ち株にもよりますがお買い物券(1枚1,000円)が最大25,000円分、年に2回ももらえてしまうんです。

ビックカメラ、株主優待に注目した投資法

株式投資の魅力は、値上がり益の期待や株式配当などさまざまで、値上がり益は売却しないと手に入れることができないため、値上がり益重視派と、持ち続けて配当を重視する人、そして、はじめから決めているわけではなくて、値上がりをしたら売却するかもしれない人がいます。
株式会社の仕組みは、会社法で決められていますが、その中の重要な原則の一つに株主公平の原則があります。
株主公平の原則とは、多くの株を持つ大株主と少数株主が平等だというのではありませんが、同じ株数なら、何年もの間株を持ち続けている株主も、最近株主になった人も平等に扱うというきまりです。
会社が小さい時から投資かとして見守ってきた人と、値上がりをしたら売って売却益を取る人を区別したくても、それではその会社に投資をする人はいなくなってしまいます。
ただし、株主優待は、会社が自由にルールを決めることができます。
ビックカメラの場合、株主優待に、長期保有株主への割増制度を設けています。
ビックカメラの株主優待は、グループのビックカメラやソフマップ、コジマなどで使える商品券ですが、株主になってからの期間に応じて、優待券の割増がある制度です。
株主にとって株主優待は、投資して見守っている会社からの恩返しなので、長い間株主でいることに対する上乗せがあるのはうれしい仕組みです。
株式投資の際に、投資額に対する年間の株式配当を利回りに換算した指標を配当利回りといいますが、株主優待券も金額に換算すると、更に高い利回りになります。
株主優待券での買い物にポイントは付かないので、APPLE製品など、もともとポイントがつかなかったり、還元率が低い商品での利用がおすすめです。