家電で有名なあのビックカメラでも株主優待が受けれてしまうんです!持ち株にもよりますがお買い物券(1枚1,000円)が最大25,000円分、年に2回ももらえてしまうんです。

イギリスにもある株主優待、吉野家の場合の使い方

株を保有している人達にとって、株価が上がることと、株主優待がもらえることは楽しみとなります。株主優待は、アメリカやイギリスにも存在し、イギリスなどでは、一株でも株主優待を得られる企業があります。また多く保有すると、多くの株主優待が得られる企業もありますので、イギリス人にとっても、株を保有することは楽しみのひとつとなっています。
日本でも様々な企業の株が売買されています。牛丼のチェーン店を全国展開している吉野家の株は、株主優待の魅力も影響をして、人気があります。吉野家の株主優待は、株主優待券と冷凍商品詰め合わせセットとなります。優待券は、300円のサービス券が、持ち株数に応じて10枚、20枚、40枚となっています。使い方は、日本国内の吉野家、京樽、はなまる、グリーンズ プラネットの店舗で利用出来ます。自宅や仕事場の近くに吉野家があり、吉野家の味が好きな人達には、優待券の使い方によって、楽しく食事が出来ることになります。
さらに冷凍商品詰め合わせセットは、吉野家の牛丼、豚丼、親子丼が2人で何度か、味わえるようにセットされています。冷凍で宅配されますので、冷凍庫に入れておくと、忙しい人達には、袋のまま温めるだけで手軽に味わうことが出来ます。日頃店舗へ足を運ぶ機会の少ない人達も、自宅で味わうことが出来て、重宝します。
余ったお金がある場合の使い方は、株を買うことです。ずっと持っていると、株主のみに与えられる優待によって、その会社や商品を知り、さらに一層応援をすることが出来るようになります。家にいて、企業の応援をしながら、利益を得ることが出来る方法は株を保有することです。吉野家の株は、いま持っていると楽しめます。